かっぱラクガキ帳

ごはんがおいしい日々を

自分のtweetをGitHub Pagesで公開してみた話

twitterがアカウント凍結祭りで盛り上がっている今日この頃ですが、こんな記事を読みました。

masawada.hatenadiary.com

とても納得できる記事だったので「せやにゃー」などと思いながら読んだのですが、その中で気になったのが

とりあえずこれまでのツイートはすべてダウンロードしてGitHubに置いた。永久に凍結されたとしても8年間の資産は失われないといえる。

という記述。なるほどこれは早速マネしなくては!と思い立ち、ついでにGitHub Pagesで公開してみたらいい具合になったので、手順をメモっておきます。

https://kwappa.github.io/tweets/

f:id:Kwappa:20171001103605p:plain

GitHubのアカウントを作りSSHでアクセスできるようにしておく

経験者には説明するまでもないですね。SSH?なにそれ?おいしいの?という方は、GitHubの公式クライアントを使うとよさそうです。

GitHub公式クライアントでだれでも簡単GitHubライフをはじめよう

tweet履歴をダウンロードする

twitterにWebブラウザでアクセスし、「設定とプライバシー」画面の一番下にある「全ツイート履歴をリクエスト」を押します。しばらく待つとダウンロードページのURLがメールで送られてくるので、ダウンロードして展開します。

GitHubにpushする

GitHubで新しいリポジトリを作っておきます。ぼくは tweets という名前にしました。

展開したフォルダをリポジトリと同じ名前にリネームし、ターミナルで以下の作業を行います。

$ cd tweets
$ git init
$ git add -A
$ git commit -m 'Add all tweets'
$ git remote add git@github.com:YOUR_NAME/tweets.git origin
$ git push -u origin master

上から

という作業をしています。

GitHub Pagesを有効にする

ブラウザでこのリポジトリを開き、「Settings」画面からGitHub Pagesを有効にします。

f:id:Kwappa:20171001103134p:plain

「Source」プルダウンから「Master Branch」を選ぶと、 https://YOUR_NAME.github.io/tweets のようなURLが表示されます。内容が反映されるまで少し(最大数分)時間がかかります。

以下余談

冒頭のスクリーンショットでわかるように、ぼくのtweet数は2011年をピークに漸減しています。この4月からMastodonに関わり始めたからだと思っていたのですが、それより前から減っていたのはちょっと意外でした。

コミュニティプラットフォームというのは大きくなると自重に耐えられなくなる、というのは歴史が証明しているところでもあります。今後twitterがどうなっていくかは興味深く見守りつつ、凍結されないよう注意深く使っていこうと思います(棒読み)。

今回はGit / GitHubの操作が出てきました。Gitこわい!黒い画面苦手!という方には「GitHubの教科書」というわかりやすい本がありますのでおすすめしておきます(ダイレクトマーケティング)。

通勤荷物を断捨離して鞄が5.2kgから620gになった話

通勤中に聴いていた rebuild.fm #175 で「手ぶらライフ」という話をしていた。それがきっかけで自分の背負った荷物の重さにはたと気づき、断捨離することにした。

before

昔からバックパックが好きで、いろんなのを試していた。一番最近買ったのはBACKPAIX という多機能バックパック。防水だしラップトップエリアには直接アクセスできるしスマートディスプレイバッジという謎のギミックまでついているので大変気に入っていたのだが、とにかく重い。日常持ち歩いている状態で計量してみたら5.2kgあった。

f:id:Kwappa:20170518012333j:plain

続きを読む

イーガ団のアジトをクリア

某Switchのゲームでみっちりハマったところをやっとクリアしたのでメモを残しておきます。

続きを読む

2016年買ってよかったもの

amazonの購入履歴からふりかえる2016年。

「でかいモニターは正義」と聞いて買ってみました。ついでにAVレシーバーを導入して「音量をリモコンで変えられるようにしたい」という欲求も満たした…のだけれど、設置位置がすぐ近くなので結果的にリモコンいらずになったという…。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

Rez Infinite | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

PSVRの予約を手に入れてしまったのでPS4を買ったらRez Infiniteに感動して解像度が上がるというPS4 Proに買い換えた、という計画性のない買い物でした。後悔はしていないが反省はちょっとだけしている。いまは「人喰いの大鷲トリコ」を少しずつやっています。

DCモーターの扇風機は静かでよいです。この扇風機は首振り角度を自由に設定できて、「ここから」(固定)→ピッ→「ここまで」(動かして止める)→ピッ、とやるとその範囲で首を振ってくれるすぐれもの。

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

ノンフィクション部門はこの本。内容はとてもよくて仕事にとても役立ってくれたんだけど、内容が冗長で読みづらいのが惜しいところ。エンジニアリングチームのリーダーやマネージャーをやる人は一読すべき本です。

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

rebuild.fmで紹介されていたSF。いろんな味わいの短編集でどれもよかった。表題作は映画化されているのでこちらも楽しみです。

おすすめされて買ってみたらこれがうまい。食べ続けても飽きないしうまみもつよくて、リピート購入しています。

今年は健康的な観点からノンアルコールのビール的なものを飲むことが多かったんだけど、その中で一番本数飲んだのがこれです。ライムの爽やかな風味が、ビールもどきを飲んでいるというわびしさをやわらげてくれます。


そのほかにはMacBookのあたらしいやつ、iPhoneの新しいやつなどを買っており、例年よりも散財っぷりが激しかった1年だったと言えそうです。

来年も自重せずいろいろ買えるようにがんばって稼ぎたい所存です。そのためにはバリバリ仕事する必要があって、そのためには健康を維持せねばならぬのでどちらもがんばります。

Netflix に「有効なメールアドレスを入力してください。」と言われ続けてログインできなくなった事件の顛末

現象はタイトル通りで、Netflixにログインしようとしたら「有効なメールアドレスを入力してください。」という(バリデーションエラーっぽい)メッセージが出てログインできなくなりました。

f:id:Kwappa:20160925101212p:plain

たった今解決したので、対策と推測をメモしておきます。

現象

WebブラウザからNetflixにログインしようとすると、「有効なメールアドレスを入力してください。」というエラーが出てログインできない。

対策

cookieを削除してから再度トップページ→ログインと進む

  1. cookie削除ページ にアクセス
  2. トップページにリダイレクトされるので「ログイン」を押す
  3. メールアドレス「だけ」を入力するログインフォームが出てきたら 1 に戻る
  4. メールアドレスとパスワードの両方を入力できるフォームが出てきたらそのままログイン

ログインできるフォーム

f:id:Kwappa:20160925101122p:plain

ログインできないフォーム

f:id:Kwappa:20160925101146p:plain

以下蛇足

ログインフォームの離脱率を測るかなんかで、A/Bテストをしているのではないでしょうか。

続きを読む

システム屋から見た土屋鞄ランドセル戦争

世界一かわいくてかしこくてかっこいい我が家のムスコさん、いよいよ来年から小学生。わりとよくある話だけれど、おばあちゃんがランドセルを買ってくれることになりました。

ヨメさんのサジェストで見に行ったのは「土屋鞄のランドセル」。なるほどしっかりした作りとトラディショナルなデザイン。大人がいいと思う要素を備えています。

ショールームで実物を確認し、7/1 10時からのネット販売で予約することに。その結果…

www.itmedia.co.jp

なんということでしょう。

それでもシステム屋としての知識と経験を活用し、11時半ごろには予約をゲットすることができました(スマホから)。あとは現物が届くのを待つだけなので、この騒動についてWebシステムの視点から考えてみることにします。

問題はどこにあったのか

この騒ぎにはいくつか自明の問題がありました。順に見てみましょう。

  • 予想できる高負荷への対応のまずさ
    • 「2016年7月1日 10時から予約開始!」などと書けば、その時間帯にアクセスが殺到するのは当然のことです。それに備えるのはシステム屋として当然のことでしょう。
  • システムの設計・実装のまずさ
    • 外から触っているだけでも「ここはあかん…」と感じられる箇所が多々ありました。高負荷は予測されていても、システムの品質が低いために対応が間に合わなかったのかもしれません。
  • 10時前から購入できる不公平さ
    • 10時10分前から購入できた、という声も見られました。僕自身も2分前にはカートに入れることに成功していたのですが、購入手続きの途中で高負荷状態になり、注文確定には至りませんでした。

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS)

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS)

実録・予約注文攻略法

システム屋として、ブラウザの操作をしているだけでもなんとなく中身の想像がつく箇所が多々ありました。それらを活かして注文確定までたどり着いたので、その手順を記録しておきます。

続きを読む

キャリアが気になる、35歳以降が気になるエンジニアのみなさんに43歳現役エンジニアからたったひとつのアドバイス

健康は命より大事。

repeat after me.

「健康は命より大事。」

以下蛇足。

続きを読む