読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぱラクガキ帳

ごはんがおいしい日々を

あなたがクックパッドのプレミアムサービスを体験すべき3つの理由

クックパッドプレミアムサービスを使うと幸せになりますよ、というお話。

http://instagram.com/p/YSIa6BC-pR/

クックパッドとは

クックパッドは、140万品以上のレシピが投稿された日本最大級のレシピ共有サービス。投稿レシピだけではなく、様々な食に関するシーンをITの力で楽しくするために、各種サービスを提供している。

プレミアムサービスとは

月額294円で、プレミアム会員限定の機能が利用できるサービス。クックパッドの機能がより便利に使えたり、コンテンツが増えたりする。

プレミアムサービスの特徴

今回はその中で3つ、特に重要な機能を紹介する。

人気順検索

まずはなんといっても人気順検索。

食材やメニューを入力して検索する、というのはクックパッドでは当たり前の使い方だけど、プレミアムサービスでは表示を「人気順」に並べ替えることができる。

「新着順」でももちろんいろんなレシピが出てくるのだが、検索結果の一覧で「人気順」を押すと、いきなり写真がうまそうなものばかりになる。これは一度体験してみてほしい、大げさに言えば「世界が変わる」感覚だ。

なるべく素朴なメニューやプリミティブな素材を入れると、特に違いを感じることができる。

f:id:Kwappa:20130423185058j:plain

たとえば今が旬の「たけのこ」で検索してみると…

f:id:Kwappa:20130423185129j:plain

うまそう!

人気レシピはさすがに写真も上手だし、作り方も工夫されてたり洗練されているものが多い。レパートリーを広げるのにも有効だよ!

MYフォルダ容量アップ

気になるレシピを見つけたら、「MYフォルダに追加」ボタンを押すことでクリップしておける。

f:id:Kwappa:20130423185200j:plain

ちょっと使ってるだけでもどんどん増えてくるので、デフォルトの20件なんてあっという間に埋まってしまう。

プレミアムサービスに登録することで、この上限を3,000件まで増やすことができる。

f:id:Kwappa:20130423185209j:plain

上限がこんなに増えれば、気になったレシピはどんどん追加して、タグをつけて分類し、特によく作るレシピにはスターをつけておく、という分類も楽しくなる。

プレミアム献立

単品のレシピは充実しているが、食卓を構成する「献立」を考えるのはなかなか大変だ。値段、手間、栄養のバランスなど、気にしなくちゃいけないポイントも結構ある。

そこで「プレミアム献立」。

f:id:Kwappa:20130423185220j:plain

管理栄養士というプロが、140万品以上のレシピから毎日厳選して献立を作っている。栄養のバランスもいいし、見た目も綺麗。レシピの組み合わせをそのままマネしてもいいし、自分で作る献立のヒントにもなる。

ちょうど今は「春だからチャレンジ!特集献立2013」という特設コーナーを公開していて、「人気レシピ」「おもてなし」などテーマ別に厳選した献立が掲載されている。

f:id:Kwappa:20130423185235j:plain

これがまたうまそうでねえ…。「モテ♡献立」とか、名前だけ聞くとキラキラしたあざといメニューが並びそうでしょ?ところが意外としっかりした堅実なセレクトで、全部順番に試したくなる献立が並んでいる。こんな献立をちゃんと作られたら、胃袋を完全掌握されちゃうね。

ステマです

ご想像の通り、この記事は中の人による完全なステマです。でも、ちょっとでも料理が好きで、クックパッドを使う機会がある人なら、その真の実力を知ってほしいのですよ。

なにしろ我が家のヨメさんがプレミアムサービスのお試しを開始したら、いきなり食卓のクオリティがあがったので。

f:id:Kwappa:20130424053512j:plain

これは昨日出てきたブリの照り焼き。人気順上位のレシピを参考に作ったらしいけど、過去作った中で一番うまかった。

もちろん自分でも使ってる。

f:id:Kwappa:20130424053814j:plain

これは先日取材されたときに作ったポークソテー。つけ汁の配合とか焼き方とか、今まで知ってたのとは違うレシピだったので、ひとつレパートリーが増えた。

f:id:Kwappa:20130424053810j:plain

これはプレミアム献立担当の方がランチに作ってくれたハンバーグ。「25歳女子がつきあい始めて2週間の彼氏に初めて振る舞う手料理」という設定だった。25歳女子に手料理振る舞ってもらったこと、あったかなあ…(遠い目)

笑顔を増やす、幸せを増やす

人間生きていればご飯を食べるわけで、そのご飯を少しでもおいしく楽しいものにすることが、幸福の総量を増やすことになると思っている。おいしいもの食べながらケンカはしないでしょ?まあ、唐揚げの最後の1個をめぐって対立することはあるかもしれないが。

毎日の料理を、便利にクックパッドを使うことでもっと楽しくしてほしいという、中の人の願いでした。

なお、毎日の料理を楽しくすることで心からの幸せを増やす仕事に興味がある方はこちらからご連絡ください。